スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
平成20年度動物愛護週間・・・なのに
9月20日~26日まで、「広く国民の間に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を
深めるため」という事で、動物愛護週間が設けられているのをご存知ですか?

(以下、環境省のHPより)
環境省では毎年テーマを決めて、愛護週間のポスターのデザイン絵画一般公募します。
今年は「まもれますか?ペットの健康と安全」をメインテーマとして動物の愛護と適正な
飼養及び動物による危害・迷惑の防止について普及啓発を行うために使用する作品を
募集公募しました。
例えば…
○動物へ愛情を注いでいますか
(かわらない世話、動物の介護、一緒の散歩、ゆっくりお休み、安全なペットフード)
○飼い主は明示していますか(名札、マイクロチップは飼い主の責任)
○迷惑をかけずに飼えますか
(ペットが飼える住宅ですか、家族の理解はありますか、しつけができていますか、
避妊・去勢をしていますか)
○最期まで面倒を見ることができますか(世話を放棄しない、散歩をする、しつけをする等)



保護犬に里親希望していただいた方々に、預かりスタッフ、コーディネーターは常に
上記と同じような事を確認させていただいています。
本当に当たり前の事だと思うのですが、それでも保護犬達にはそれを約束されずに
飼育遺棄され、ボロボロになった状態で過酷な日々を送ってきたのです。
もう2度とこのような目に合わないように、CATNAPの代表はじめスタッフは厳しくも
里親様になっていただく方にしつこいと思われながらも確認しています。
ご理解のほどよろしくお願い致します。

今年の愛護週間のポスターに起用された作品はこちらです(クリックしてね!)
<作者のコメント>
動物の気持ちになって、飼い主なら飼い主としての責任をしっかりもち続けたいと思います。
ペットの健康と安全のために、ペットが飼える環境で愛情をそそいであげたいと思います。

動物を飼っている方みなさんがこのような気持ちになってくれる事を願わずにいられません…。


今日は木曜日、いつもは本所センターに保護犬の引き取りに行きます。
今週は引き取りを思案していた子が他の保護団体さんからお声がかかったり、譲渡会で
お声がかかったり…という事で引き取りはしませんでした。
それでも現在センターにいる収容情報に掲載されている子の様子などを見に行ってきました。
今日はお散歩隊のうるるママさんから「センターの様子を見てみたい」と声をかけていただき
犬舎の様子をご案内…同行ありがとうございました。

事務所に上がって扉を開けると、動物愛護週間の今年度のポスターが…
誰からも見える場所に貼ってありました。
誰からも目につきます・・・絶対に。

今日は木曜日で飼い主持ち込み処分の受け入れ日でもあります。
持ち込む飼い主も必ずこの扉を開けて、手続きをします。
用紙に記入する時、この“愛護”の文字・ポスターが目に入らないわけないのです。
それでもやっぱり置いていかれる命。
翌日には処分送りになります…って説明をされる職員さんも辛いと思います。

ゲージの中で、持ち込みされた子の後ろ姿が目に焼き付いています…。

【2008/09/25 23:04 】 | がんばろう! | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<光が丘フリーマーケット | ホーム | 里親会>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/29 19:35】| | #[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hansou.blog74.fc2.com/tb.php/291-f8c75a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。