スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
Mダックスちゃん…本当の理由は?
一晩ゆっくりゲージの中で休んだMダックスちゃんです。
さみしがり屋さんですが、ゲージに入っていても人の気配を感じていればおとなしく
ゲージの中でくつろいでいます。
初めてMダックスをプチ預かりしましたが、Mダックスってこんなにおとなしいもの?
まったく吠えないという事はありませんが…犬ですから~(^^ゞ
何匹もMダックスをセンターで見たり、搬送もしてきましたが、おとなしい方だと
思いました。

さてさて・・・お散歩はどんな感じでするのかな?
昨晩トリンミングから帰ってきた時にちょこっとお外でおトイレの為お散歩しました。
停まっては後ろを振り返り、停まっては振り返り、またとぼとぼ歩き…全然お散歩
しなかったわけではないようでした。
外飼いのワンコが吠えると慌てて駈け出したり(^_^;)
トリマーさんに爪も綺麗に切ってもらったので、センターの中で見たあの歩き方とは
全然違っていました・・・が・・・


どうですか?
          何か感じました?
                       そう・・・そうなんです。
CIMG1976.jpg
お顔はほっそり顔の美人サンなのに、かなりウェイトオーバーなんです。
5.5kgありました(/_;)…4kくらいがベストじゃないかとの事でした。
何を食べてきたのか、センター持ち込みされた時に袋いっぱいのジャーキーと一緒に
置いて行かれました。
この子を見に行った時に職員さんがそのジャーキーを収用犬にあげていましたが、いつも
食べてたおやつのジャーキーをこの子は口にできなかったです。
こんなところに連れて来られてショックだったんだよね
ご飯もドライフードは口にしません…だからと言って、昨晩から何も食べていないのに
“はやく~私のご飯ちょうだいよ~~!”とわめく事もなく…
協力病院さんで医療処置をしていただくので、このまま連れて行くことにしました。
ちょっと心配な事もあったので・・・(>_<)

病院で去年暮れにシーズーの多頭飼育放棄で引き取られた美麗ちゃんが皮膚の診察に
千尋ちゃんが避妊手術できていました。
oyako.jpg
頑張っている先輩たちに会えて心強かったね!

Mダックスちゃん、心配していた事が先生の口からも…「膀胱炎、石もあるかも・・・」
昨晩オシッコの色がおかしかったのが気になって気になって・・・石の方はまだ食事療法で
消えてしまうかもしれないとの事。
避妊手術は済んでいるのでゆっくり治療をしていこうね・・・。
まだまだ若いし、こんなに可愛いのに…元飼い主は何をやっていたのか身勝手な
今日は病院お泊りで明日預かりさんにお届けします。

あなたがセンターに持ち込まれた理由、本当に住宅事情だったのかな…?
【2009/02/07 21:28 】 | がんばろう! | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<本所センターより引き取り | ホーム | あなたのお家は大丈夫ですか?>>
コメント
がんばれ!ダックスちゃん!
こんにちは。
この子があの日持ち込みされた子なんですね。
とっても美人さん☆この子にもシアワセになるチャンスが巡ってきてよかった。ありがとうございます。
きっとこの子を飼っていた飼い主も、一人の「愛犬家」として自分流でこの子をかわいがってきたんでしょうね。
そしてこの結末。
ペットの一生は、自分を選んだ飼い主に全て委ねられているってことをきちんとわかってから飼ってほしいですね。
振り回されてつらい思いをしたこの子にも、ステキな出会いと幸せな家族ができることを願っています!!
【2009/02/09 17:40】| URL | たかさわ #QCiVzzw2[ 編集] |
ホント美人さんですね
どんな飼い主であってもそのコにとっては最愛の人、だったのですね。
比較することも出来ないから当たり前かも知れないけれど
犬はやはり健気です。
強い運を持ったコは持てなかったコの分まで幸せにならなければ!

事後報告になってしまいましたがブンママさんの写真をお借りしました。
【2009/02/11 00:30】| URL | のり巻サザエ #G03aRabs[ 編集] |

たかさわさん…見学ご苦労様でした!
「ペットの一生は自分を選んだ飼い主に全て委ねられている」
本当ですね…この子の飼い主のかわいがりが、結局この子に
辛い思いをさせてしまったんですから。
辛い以上…死に直面させようとした(>_<)
まずいと言って療法食も口にしなかったらしいダックスちゃん。
そろそろ観念してご飯食べてくれるといいのですが…。
そこから幸せの道が開けるんですから。

サザエさん…元飼い主、この子が好きなものたくさん与えて
くれていたんでしょうね!
持ち込みされた事はとてもひどい事ですが、このままこの
飼い主のそばに居たら、病気ももっと重くなっていたはずです。
飼い主と縁が切れただけでもこの子にとっては良かったのかなって
思うようにします。
強運なのでしょうか(^_^;)
写真、どうぞ使って下さい(^_^)v
【2009/02/11 01:08】| URL | ブンママ #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hansou.blog74.fc2.com/tb.php/354-d0635b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。